スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「被害者にどうしたらいいか考えて」加藤被告に反省促す証人(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第4回公判】(9)完

 《事件で一命を取り留めたものの下半身まひなどの障害が残る被害者男性、Hさん。証人尋問で加藤智大(ともひろ)被告からの手紙を「読む気にならない」と切り捨てたHさんに、検察官が問いかけた》

  [フォト] カラオケに興じる加藤智大被告

 検察官「犯人に対してでも、だれに対してでも、何かおっしゃっておきたいことがあればご自由にどうぞ」

 証人「特に今は整理がつかないですけど…。これだけの人が死んだのは事実ですし、死刑になると思っています。ですが、ただ死刑になるのではなく、被害者に対し、どうしたらいいかよく犯人に考えてほしい。自分もほかの方も、もうどうやったって元には戻れない…。何もできないのが事実だと思いますが…。亡くなった方が無念でなりません」

 《最後は言葉に詰まりながら語ったHさん。加藤被告はややうつむいて鼻をさすっていた。その後、Hさんの証言について検察官の細かい確認が続く》

 検察官「証言にあった怪しげな男は交差点の中にいたということですか」

 証人「私の位置がよく分からなくて…。交差点の中というより外だったかと思います」

 検察官「怪しげな男はあなたの1メートル以内にいましたか」

 証人「そうです」

 検察官「記憶が抜けている部分があるようですが、それは事件による手術や精神的なものの影響ですか」

 《調書によると、Hさんには刺されたときの記憶がなく、『いつの間にか地面にうつぶせになっていた』と説明している。検察官はこの理由を明らかにしようとしているようだ》

 証人「うつぶせになったときはすでにその記憶だったので、手術のせいではないと思います」

 検察官「では、事件の恐怖感のせいということはありますか」

 証人「そうかもしれません」

 《検察官の尋問が終了した。村山浩昭裁判長がHさんに「体の具合はどうですか、この後もう少し続きますが」と体調を気遣う。Hさんは気丈に「がんばります」と応じた。続けて弁護人の尋問が始まる》

 弁護人「あなたが見たという紺色のハイエースの止まっていた位置を教えてください」

 証人「歩行者天国から出ようとしているようでした」

 弁護人「南側から東側に行こうとしていたということですね」

 証人「はい。まだ交差点の信号が赤の時、(東側へ)右ウインカーを出していましたから」

 弁護人「ハイエースは何をしていると思いましたか」

 証人「歩行者天国の外に出ようと待っていた、出ようとしていたと思います」

 弁護人「交差点を渡ったときに周囲にどのくらいの人がいましたか」

 《地図にハイエースなどの位置を書き込ませながら、大けがを負ったHさんの記憶をたぐる作業が続く。加藤被告は目の前の机に肘をついて頭を抱える姿勢をとっている》

 弁護人「トラックの側の信号は何色でしたか」

 証人「赤でした」

 弁護人「それはなぜ分かったのですか」

 証人「歩行者側が青だったので、信号が故障してなければ赤です」

 弁護人「トラック方向にはどのくらいの人がいましたか」

 証人「何人か見えました。巻き込まれた人が」

 弁護人「周りの人はどのくらいいましたか」

 証人「周りの人についてはあまり記憶がないのですが、ハイエースが止まっていたのは分かります」

 弁護人「あなたはその後どうしましたか」

 証人「倒れている人の方に向かおうとしました」

 弁護人「倒れていた人はどんな服を着ていましたか」

 証人「覚えていません」

 弁護人「トラックのスピードはどのくらいでしたか」

 証人「何キロなのかは分からないですが、あの感じだとアクセルを踏みっぱなしだと思います」

 《弁護人は少しでも多くの証言を得ようとするかのように、次々とさまざまな質問を投げかけている。質問はHさんが見たという怪しげな男に移った》

 弁護人「怪しげな男を見たことについて確認したい。だれかが『危ない』とか『刃物を持っている』とか、怪しげな男にかかわることを言っていた記憶はありますか」

 証人「記憶はありません」

 弁護人「怪しげな男の周りにはだれかいましたか」

 証人「周りにはその男しかいなかった記憶があります」

 弁護人「怪しげな男の顔を見て、眼鏡をかけてるのが分かったとのことですが、人相は覚えていますか」

 証人「男でちょっと日に焼けている感じでした。顔しか見てなかったので…」

 弁護人「男は何をしようとしていると思いましたか」

 証人「横顔がかなり低い位置にあったので、中腰状態だったのではないかと思います」

 弁護人「目は合いましたか」

 証人「合っていないですね」

 《弁護人が質問を終えた。村山裁判長が「ほかの弁護人、検察官は質問はありますか」と問いかけたが、双方とも答えない。ここで証人尋問は終了した》

 《加藤被告は、左手で額をこするなど、落ち着かない様子だ。仕切りの向こうから、Hさんが「ハンコはカバンの中です、すいません」などと話すのが聞こえる。係官に介助されているのだろうか》

 《まもなく、村山裁判長が「大変、お疲れ様でした」と証人に退廷を促した。遮蔽(しゃへい)で見えないが、出口のドアで、証人が一礼したのだろう。3人の裁判官が一斉に頭を下げて会釈する》

 裁判長「では、書証をあと2点ほど調べます。検察官どうぞ…」

 《加藤被告を現行犯逮捕した警察官が、事件当時に着ていた耐刃防護衣に関する証拠調べだ。モニターに、警察官本人が当時の防護衣を着た写真が示された。加藤被告も顔をあげ、モニターを凝視する》

 《検察官の説明によると、左胸に記された「警視庁」の文字の真下あたりに4カ所、左脇腹のあたりに1カ所、それぞれ刃物による傷が付いているという。さらに検察側は2点目の書証として、被害者の1人が着ていたTシャツとジーンズ、靴、リュックサックの写真を示して、「以上です」と結んだ》

 裁判長「では、本日の証拠調べは終了です。次回の期日は…」

 《促されて起立した加藤被告は、指先をぴんと伸ばした『気をつけ』の姿勢で裁判長に一礼。手錠と腰縄をつけられ、退廷していった。そのみけんにはわずかにしわが寄っていた》

 《次回期日は3月11日午前10時から。被害者5人に対する証人尋問などが予定されている》

=(完)

【関連記事】
法廷ライブ「秋葉原殺傷 第4回公判」特集
法廷ライブ「秋葉原殺傷 第3回公判」特集
法廷ライブ「秋葉原殺傷 第2回公判」特集
法廷ライブ「秋葉原殺傷 第1回公判」特集
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶

捜査情報漏らし金品受領の疑い=奈良県警、警部補ら捜査−退職願提出、近く処分(時事通信)
裁判員裁判 「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
<桜開花日>数日早まる予想 日本気象協会など3機関(毎日新聞)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)
万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)

自民、若手の意見聴取でガス抜き 舛添氏「努力が足りないのは執行部の責任だ!」(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁ら執行部は3日、衆院当選1〜4回の若手議員を期別に党本部に集め、懇談会を開いた。衆院予算委員会での審議拒否戦術が失敗したことから、党内の批判や不満に耳を傾けることで夏の参院選に向けて党内の結束を図る狙いがあったが、低支持率にあえぐ党の現状を受け、厳しい意見が出た。

 出席者からは「(執行部批判をする舛添要一前厚生労働相と)総裁は正面から論戦を挑むべきだ」(稲田朋美氏)、「(審議拒否は)国民に分かりづらく、もっと理由を説明すべきだ」(近藤三津枝氏)などの発言が相次いだ。

 谷垣氏は「参院選候補者は予備選の導入などで若返りも進み、党はずいぶん変わったと思う」と、執行部の成果を強調するのが精いっぱい。若手の意見に対する回答としては具体性に乏しかった。

 一方、谷川秀善参院幹事長は3日、国会内で舛添氏を呼び、1日の講演での発言を質した。谷川氏によると、舛添氏は「英語での講演だったため、通訳の際に行き違いがあった」との見方を示したという。谷川氏は「舛添氏は新党を作って飛び出すとは考えていない。(同氏の発言に)あんまり神経質にならない方がいい」と述べた。

 ところが、舛添氏は会談後、記者団に「わが党の支持率が上がらないのを問題じゃないと思う人がいたらおかしい。努力が足りないところは執行部の責任だ。直さなければ、参院選で自民党はなくなる。鳩山内閣との戦の仕方に問題があると言うことの何が悪いんだ」と改めて執行部批判を展開した。

【関連記事】
自民・舛添氏「翻訳で行き違い」 谷垣総裁進退言及で釈明
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
舛添氏“おろし”発言に谷垣氏「団結大事」と反論
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
阿久根市長が市議会ボイコット「マスコミがいる」(読売新聞)
<H氏賞>中国人の田原さんの詩集「石の記憶」に(毎日新聞)
<10年度予算案>衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)
東北4県 避難所利用わずか6.5% 第1波後次々と帰宅(河北新報)

<H氏賞>中国人の田原さんの詩集「石の記憶」に(毎日新聞)

 日本現代詩人会主催の第60回H氏賞と第28回現代詩人賞の選考委員会が6日、東京都内で開かれ、H氏賞は田原(ティアン・ユアン)さん(44)の詩集「石の記憶」(思潮社)、現代詩人賞は高橋睦郎(むつお)さん(72)の「永遠まで」(同)が選ばれた。

 田原さんは中国河南省出身で、中国人の同賞受賞は初めて。日本文学研究者でもあり、谷川俊太郎さんらの詩の翻訳も多い。四川大地震の犠牲者への鎮魂歌など26編を収めた「石の記憶」は2冊目の日本語詩集。高橋さんは福岡県生まれ。「兎(うさぎ)の庭」で高見順賞、「旅の絵」で現代詩花椿賞を受賞しているほか俳句や短歌、オペラ台本など幅広い活動で知られる。

【関連ニュース】
三好達治賞:長田弘さんの「世界はうつくしいと」が受賞
現代詩:中原中也賞 札幌の18歳女子高校生が受賞
ひと:文月悠光さん 中原中也賞最年少受賞の女子高生
三好達治賞:長田弘さんに
中原中也賞:札幌の18歳女子高校生が受賞

「安全への努力」WHO認証=児童殺傷事件の池田小、国内初−大阪(時事通信)
巡査長、車内で自殺か=前夜事故、聴取受ける−兵庫県警(時事通信)
<参院予算委>3閣僚遅刻 平野官房長官「連絡ミス」と釈明(毎日新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
<沖縄返還密約>「補償費肩代わり」推定 有識者委報告へ(毎日新聞)

商店にミニパト衝突、原因は巡査長の居眠り(読売新聞)

 新潟県三条市南新保の県道交差点で22日未明、三条署のミニパトカーが商店入り口に衝突し、ガラス製ドアや自動販売機が壊れた事故は、男性巡査長(46)の居眠り運転が原因だったことがわかった。

 同署幹部によると、巡査長は交差点を右折しようとして、信号の約60メートル手前で青信号を確認したが、その後、眠気に襲われ、縁石に衝突。弾みでハンドル操作を誤り、商店に突っ込んだとみられる。

 巡査長は事故前日の21日午前9時から午後9時まで勤務し、約5時間仮眠をした後の22日午前2時から勤務を再開していた。

<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席−東京地裁(時事通信)
自殺対策でキャンペーン=福島担当相(時事通信)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
<訃報>林忠四郎さん89歳=宇宙物理学者、星の進化を研究(毎日新聞)

津波警報、在り方見直し=中井防災担当相(時事通信)

 中井洽防災担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、気象庁の出す津波に関する警報について「大津波警報と津波警報の間にもう1ランク設けることができないかとか、新たな対策を考えていきたい」と述べ、在り方を見直す考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「大津波警報」
政府、迅速対応をアピール=津波・大地震、初の危機管理
津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり、海面変動は続く
津波被害、適切に補償=漁港や水産施設を調査
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波-65万世帯に避難指示・勧告

<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
<訃報>南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)
飲食店経営の女性、ひったくりで40万被害 千葉(産経新聞)
<自殺か>全焼の乗用車から警視の遺体 奈良(毎日新聞)
佐藤医療課長「DPCも競争の時代に」(医療介護CBニュース)

<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)

 学生が社会人として自立して職業に就けるよう大学、短大の教育課程に職業指導(キャリアガイダンス)が11年4月から義務付けられる。文部科学省が大学、短大設置基準の省令を改正し、25日公布される。

 新規定は「学生が卒業後自らの資質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力を教育課程などを通じて培うことができるよう大学内の連携を図り、体制を整える」との内容。

 職業意識の形成に関した授業を設けている大学などはすでに7割に達しているが、大学卒業生の34・2%が3年以内に離職するといった定着率の悪さや雇用情勢の悪化を受け、09年10月の政府の緊急雇用対策本部の新卒者支援策として制度化が打ち出された。

 各大学が教育理念や特色に沿って対応を図るが、7年に1度受ける認証評価機関による認証評価の対象項目にも位置づけられる。

 文科省は「就職セミナーなど、大学の出口での就職支援は盛んだが、大学入学の入り口の時点から卒業後を意識させ、学ばせるよう取り組んでほしい」としている。【本橋和夫】

4氏が届け出=石川知事選(時事通信)
<前原国交相>公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立(毎日新聞)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件−京都・亀岡(時事通信)
住宅火災で7歳男児死亡 大阪・松原(産経新聞)

自民が審議拒否の方針、小沢氏国会招致求め(読売新聞)

 自民党は22日朝、緊急の役員会を開き、「政治とカネ」の問題で与党が小沢民主党幹事長らの国会招致に応じない限り、2010年度予算案などの国会審議を拒否する方針を決めた。

 長崎県知事選で自民党支援した候補が勝利したことを踏まえ、与党との対決姿勢を鮮明にした。

 谷垣総裁は役員会終了後、党本部で記者団に対し「政治とカネの問題について、(与党が解決策を)具体的におとりになるならば我々はいつでも審議に応じる」と述べた。

 自民党はこの後、同日午前に開かれた衆院予算委員会の一般質疑を欠席した。公明党などほかの野党は出席した。

店内で2人刺され負傷=殺人未遂容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文(読売新聞)
財政破綻やはり無関心?市民パブコメ1件のみ 大阪・泉佐野市(産経新聞)
訪問看護支援事業での取り組みを報告(医療介護CBニュース)
<麻薬譲渡>「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める(毎日新聞)

3月に女性の健康習慣イベント―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月8日、女性の健康についての知識を深め、課題への関心を高めてもらおうと、「『女性の健康習慣』イベント―生涯を通じた女性の健康づくりの取り組み―」をいきいきプラザ一番町カスケードホール(東京都千代田区)で開催する。

 イベントでは、野中東皓会静風荘病院特別顧問の天野恵子氏が「性差を考慮した医療政策のためのエビデンスづくり」、国立長寿医療センター研究所疫学研究部長の下方浩史氏が「女性の健康―やせと肥満―」と題して講演するほか、子宮頸がんを発症した経験を基に、がん治療に関する講演活動などを行っている女優の仁科亜季子氏が、「私と健康」をテーマに話す。
 このほか、千葉県や東京都八王子市など5つの地方自治体が、女性の健康づくりを推進するための地域における取り組みを発表する。


【関連記事】
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向
女性がん検診事業、27市町村で未実施
子宮頸がん征圧「ゴール見えてきた」−専門家会議がワークショップ
「女性特有のがん検診推進事業」来年度も継続か
「ピンクリボンウォーク」に700人参加−戸田市

<郵便不正>元係長が村木被告の指示否定 大阪地裁(毎日新聞)
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市(時事通信)
雑記帳 占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり−ベルリン映画祭(時事通信)
スズキ、「エブリイ」など43万台リコール=日産の7万台、ダイハツの6万台も(時事通信)

鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日午前、自殺で親を亡くした遺児5人と官邸で会い、「(自殺する前に)送っているメッセージを受け止められる仕組みをつくりたい。またメッセージを出さないで済む世の中にしないといけない。政府として正面から取りかかっていく」と述べた。

 5人は「生きたくても生きられない人のためによろしくお願いします」と訴えた。自殺対策に取り組むNPO法人代表の清水康之内閣府参与が同席した。

【関連記事】
閣僚までもが失笑…首相の施政方針演説
民主党、大丈夫?川端文科相、松岡元農相と同じで事務所費を…
気分が選挙を制する!「面白いかどうかで決めるだけ」
「地上の楽園」は地獄だった…帰国事業から半世紀
実像見えぬ「友愛」変革宣言

小沢氏求心力に陰りも=長崎知事選敗北、民主に痛手(時事通信)
段ボール放火の男を逮捕(産経新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
前原国交相「胆沢ダム談合情報あった」(産経新聞)

<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は20日、長野県佐久市で講演し、行政刷新会議の事業仕分け第2弾で仕分け対象とする独立行政法人(独法)について「仕分けの結果として、独法を国(の所管)に戻すこともあり得る」との認識を示した。独法が中央官庁の天下り先になっている現状を踏まえ、「独法ではなく、国が直接やったほうが安上がりなものがある」と指摘した。枝野氏は講演で、独立行政法人国立印刷局や国立大学法人を例に挙げ、「独法にし、役所をスリムにすると言っていたのに、高級官僚OBが理事になり、高い給料をもらっている。こういうのを焼け太りと言う」と指摘した。【影山哲也】

<五輪フィギュア>高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判(産経新聞)
事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣(読売新聞)
<郵便不正事件>石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
桜花賞
ネイルサロン
探偵事務所
情報起業
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 即日
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    とろろいも (01/15)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    カドルト (01/09)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    まろまゆ (12/20)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • 走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM